タトゥーを消すのに保険適用はできる?

気持ちを固めるためや何かを決意したいときに入れたり、オシャレの一環として入れる人も増えてきている一方で、結婚したり親になることで環境や人間関係が変わり、タトゥーを消したいと考える人も少なくないのが現状です。

タトゥーを消すには、美容外科や形成外科、あるいはタトゥーを消す専門のクリニックに通うことが一般的ですが、保険適用はできるのでしょうか。

Infoseek ニュースを知るならこのサイトです。

実は、タトゥー除去は病気や事故と違うため、基本的には自由診療になります。

タトゥーを消すを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

名刺やはがきサイズの範囲を消すだけでも何十万と費用が高額なることもあるので、できれば保険適用ができるとうれしいですが残念ながら適用外になります。

ただ、転んでしまったときの擦り傷に砂やアスファルトが入って色がついた場合や鉛筆で間違って刺してしまったなどの理由で皮膚に色がついてしまった場合には例外的に保険適用ができることもあります。



中には除去が目的なのに何らかの病名をつけて保険適用でやってくれるクリニックも存在しますが、これは違法行為に当たりますので治療を受けた側も違法行為に加担しているということで処罰がある恐れも考えられますので、普通のクリニックで保険適用をしているところは避けるようにしましょう。

また、患者に健康保険証の提示を求めて、自由診療と保険診療と二重請求する悪質なクリニックも存在しますので、クリニックを選ぶ際には慎重に行うようにしましょう。

タトゥーは入れるのは非常に簡単ですが、除去しようと思うと莫大な費用や時間もかかりますので、入れる際にはそれらのことも想定しながら考えていくようにするのが望ましいでしょう。